【東京】魚料理で話題・人気のお店まとめ

東京で魚料理をテーマにしたこだわりのお店まとめが多数掲載中。魚料理好きなら必見!刺身・鮮魚などのまとめが6件掲載されています。人気上位のまとめは、「厳選!銀座ののどぐろ、本まぐろなど魚料理の店まとめ」、「厳選!六本木のあんこう鍋、甘鯛など魚料理の店まとめ」、「厳選!有楽町・日比谷ののどぐろ、帆立など魚料理の店まとめ」などです。

魚料理の気になるワード

  • 鯖の味噌煮

    鯖の味噌煮とは、サバの切り身を味噌などの調味料で煮込んだ魚料理。味の濃い味噌と砂糖、酒、みりん、生姜などでサバを煮込むというのが基本的な調理法となる。日本のサバ料理として代表的なメニューのひとつであり、「白米との相性が良いおかず」として人気が高い。

  • お造り

    生の魚介類を食べやすい大きさに切った料理。いわゆる「刺身」と同義語。武家社会では「切る」という表現が忌み言葉として嫌われたため、関東では「刺身」、関西では「お造り」と呼ばれるようになったといわれています。鯛の松皮造りや昆布〆など、調理や盛り付けに凝った会席料理のメニューでは「お造り」と呼ばれることが多いです。

  • 鰻の蒲焼き

    鰻の調理法の一つ。背開きにして串を打った鰻に、醤油、みりん、酒を合わせたタレを塗って焼く。老舗ではこのタレを「秘伝のタレ」として、代々継ぎ足しながら味に深みを加えている店が多い。関東風は素焼きの後に蒸して脂を落としタレをからめ焼く方法が主流。関西風では腹開きにした後そのまま串に打って焼くため、こってりとした味わいになる。

  • 西京焼き

    京都伝統の調味料「西京みそ」を使った魚料理。甘口の白みそである西京みそに酒、みりんなどを加えて漬け床を作り、魚の切り身を漬け込んで焼く。鰆、銀ダラ、ムツなどの魚のほか、肉や野菜、豆腐を漬け込んでもおいしい。味噌に漬け込むことで素材独特の臭みが消え、はんなりと上品な甘みが、ご飯にもお酒にも合う。

魚料理のまとめを都道府県から探す